クルマ歴2

ranser1a.jpg

別冊ヤングマガジンに掲載してた「車輪野郎」より。
大阪ー東京間を走った時はかなりくたびれた。
今の愛車ビートルもそうだけど
やっぱり最近のクルマと比べると高速がつらい・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ビートルもミニも、軽トラも、高速で覆面に捕まる心配が無いという点
ストレスありませんよね。そういうトコロ、気に入ってます。

OHV1.2ℓ ネプチューン・エンジン搭載

ドア・ミラーよりフェンダーミラーのほうがサイドの確認しやすいですよね?
フェラーリ・エンツォやポルシェ・911 GT1もフェンダーミラーだし、復活しないかな。

ランサー1200ELかGLですね。バックギアの入れ方が変わってると書かれていたので調べてみたら、
シフトノブを(下に)押し込まないと、バックギアに入らないのですか。そういえば、代車で乗ったバンが
そんな感じでした。

ランサーのスペック表によると、車両重量は825kg。商用車ですし、荷物を積載した状態で走ることを
前提にセッテングされてるところを、何も積み込まずに雨天時に高速走行すると、
ハイドロプレーニング現象が起こりやすいでしょうね。

ハイドロプレーニング…楽しいですよね?車体がフワッと浮き上がる感じで。
大概は直線道路で発生するし、余計なハンドル操作をしなければ、またグリップを取り戻すし。
まぁ、少しずつ側壁へと滑っていったときは焦りました。

1991年といえば、『快走!N1ストーリー』とか『インターTECストーリー』って小説を思い出します。
R32GTRのおはなし。

ビートルはやっぱりタイプ1ですよね。空冷水平対向4気筒OHV搭載のRRでなければ。
FFはビートルではないです。
2003年7月までメキシコ工場でタイプ1を作られていたおかげで、まだ、こんなのも残ってますね?
http://kakaku.com/kuruma/used/SC_UCMakerCD=25/SC_UCCarModelCD=31012/SC_PrefectureCD=52/SC_UCLocationCD=1776/134362/


No title

オービスや覆面パトを気にしながら走るのは
けっこうなストレスですよねー。
どっちにしても高速道路は単調で、あまり好きじゃないです。

ビートルのエンジンは今でも新品が手に入るぐらいです。
パーツ代も安くて助かります。
ガソリンタンクの容量が小さいのが欠点だなぁ。
プロフィール

えれじー

Author:えれじー
漫画家きらたかし のラクガキです

最新記事
最新トラックバック
きらたかし単行本
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR